loading..




厳選!ホステスPickUP

満足女神がゆく!

サイコロ一発!陶板で焼くジューシーな地鶏

 

D110925_1.JPG


今週は札幌で唯一の陶板焼き専門店に来ています。
ちょっぴり大人の雰囲気が漂う店内はゆったりと落ち着く空間です。

 


そして今週もサイコロを振っていただくわけですが、ご褒美の目以外の指示が微妙に変わっていますね。
中でも『2』は『相手にあだ名を付ける(有吉風に)』...これはちょっと難しい? いや、面白そうですなー。
ではまず、どちらが先にサイコロを振るかを、あっち向いてホイで決めます。
しかし、一発であっきーが勝っちゃいました。


というわけで、あっきーが先攻でさいころをちんちろり~ん♪ あれ?
D110925_3.JPG
またしても一発であっきーが『6』を出しちゃいました。
「ちょっと待ってください吉沢さん!」(みひろ)
「これリアルに一番最初に投げてますからね!」(明歩)
今日は尺が足りないとか言い出すこともなく、そのままあっきーがご褒美ゲットとなったようです。


さて、お料理がやってまいりました。
お店自慢の「陶板焼き盛り合わせ(2~3人用)」(1,980円)です。
京都地鶏と九州地鶏の両方を堪能できるセットが登場、店長の小向学さんに伺います。
陶板焼きとは関西ではポピュラーな食べ方で、陶板で焼くと炭火で焼くのと同じ遠赤外線の効果があり、お肉が柔らかく美味しく食べられるとのこと。
また、焼き野菜の中にこんにゃくがありましたが、これも関西ではメジャーだそうです。
さて、イイ感じに焼きあがってまいりましたよ、それでは明歩さん、まずは胸肉から、いただいちゃってください。
「いただきまーす熱いかな? ...ん... ん... ふわージューシーです~。あ、鶏肉後からじわーって甘いのが口のなかに広がるぅ~。次はもも肉、わーヤバイおいしそー、たべちゃいまーす...あ、熱い...うんうん...おいしい~」(明歩)
あっきーが箸でお肉を口に運ぶのに合わせて一緒に口をぱくぱくもぐもぐさせているみっひー、エアー焼肉ですか?
続いてあっきー、レバーに参ります。
D110925_4.JPG
「これはレバーかな? はむ......。レバーが一番たまらないですね。中がちょっとレアな感じになってて口のなかにとろけていきいますレバーが」(明歩)

 

そして、お店のオススメがもう1品あるとのことなので、それも出していただくことに。
「それ、1人で食べちゃう気?」(みひろ)
「もちろんです!(きっぱり)」(明歩)
今日のあっきーは随分と強気ですな、さて、お料理がやってきました。
「野菜のチーズケーキ」(450円)人参を使ったチーズケーキです。
D110925_5.JPG
「この可愛いサイズもいいですね、生クリーム付けて...じゃじゃじゃーん、いただきまーす...ん? なんか、人参て言われなかったらわからない...これはちょっとびっくりしました」(明歩)
人参をふんだんに使用しているのにくせがなくて食べやすい、女性に人気のデザートでした。


ゆるりやさんから視聴者プレゼントをいただきました。
『よるたま見た』というと、サイドメニューから1品サービスになります。
さらにお会計5,000円以上で1,000円OFFに。チャンスは10月末日まで(他の割引券の併用は不可)。


陶板を囲んでいただく地鶏は絶品、おすすめです。
D110925_6.JPG

コメント: 
loading...

陶板焼きが食べれるのはこのお店ーー!! しかも、京都と九州の鶏肉を食べることができるのはこちらだけー!! このお店に来るだけで、ちょっと旅行して、旅先でごはんを食べているような錯覚を! お楽しみください。

by  
loading...

お店の雰囲気もいいし、陶板焼きでお肉を焼くと、お肉がすっごくジューシーな感じになって、鶏肉の美味しさが引き立ってましたー!! 黒糖じょうゆがお肉に合います!!

by  
マンゾクディーバ

今回取材したお店

京都地鶏と九州赤鶏の斬新陶板焼きの店「ゆるりや」

京都地鶏と九州赤鶏の斬新陶板焼きの店「ゆるりや」

■札幌市中央区南2条西5丁目
TEL 011-251-7776
営業時間 11時30分~14時30分 17時~24時 L.O.23時30分 不定休

札幌で唯一の陶板焼きの専門店で、斬新な陶板で焼く地鶏は絶品。


バックナンバー

2017年以前のアーカイブ